Discover Japan 九州

地図

      JRが国鉄といった時代・大阪万博の昭和45年からの旅キャンペーンが、「Discover Japan」(ディスカバー ジャパン)でした。 その後「1枚の切符から」、 「わたしの旅」へとキャッチフレーズは変わり、日本中の駅では、地域性をデザインした スタンプが置かれていました。このシリーズは「Discover Japan」のデザインもお楽しみ下さい。
私は、スタンプの収集がメインではなかったので、カスレの多いのは、お許し下さい。
今回は「九州編」ですが、今後増やしていきます。今回気付いたのですが、九州の駅は日付の表示がありません。北海道は、ほとんどに日付がセットされています。
これも地域性なのでしょうか?

Discover Japan 九州
Discover Japan 九州

南国ムード
南国ムード
南国ムード

日豊本線・竜ヶ水(りゅがみず)・昭和47年8月(1972/8) C57 124

日差しや植物からも南国の雰囲気です。

「加治木駅」 かぢき 明治34年6月10日開業

 勾金発車
勾金発車
勾金発車

田川線・勾金(まがりかね)・昭和45年1月(1970/01) 9600
北九州の石炭列車を撮りによく通いました。
夜行列車で大阪からこの行橋駅に降り立ち、田川線からの撮影スタートが多かったと記憶しています。

「行橋駅」 ゆくはし 明治28年4月1日開業

ナメクジ重連
ナメクジ重連
ナメクジ重連

筑豊本線・昭和45年1月(1970/1) D51 20+D51 76

当時は重連・3重連は多かったですがこんな編成は、あまり見ていません。
頭同士のナメクジ重連。
いろんな編成があったんですね。

「直方」 のおがた 明治24年8月30日開業

くりの
くりの
くりの

肥薩線・栗野(くりの)・昭和47年8月(1972/08) C56 135
C56型は、私の最も好きな機関車です。山野線や信州小海線で活躍しました。

「栗野駅」 くりの 明治36年9月5日開業

C型3重連
C型3重連
C型3重連

日豊本線・昭和47年8月(1972/8) C61 2+C57 199+C55 57

3重連って知らないからこんな撮り方をしたんでしょうね。
実は、このページ用にネガから取込むまで3重連に気付きませんでした。C61 2号機は、現在も京都・梅小路蒸気機関車館で動態保存され、時々構内を走っています。

「西鹿児島駅」 にしかごしま 大正2年10月11日開業

 都城にて
都城にて
都城にて

日豊本線・都城(みやこのじょう)・昭和45年1月(1970/01) C55 34

吉都線・吉松行きの625混合列車です。9時40分ぐらいの発車で、朝陽を浴びて綺麗ですね。

「宮崎駅」 みやざき 大正2年12月15日開業

 熊本機関区
熊本機関区
熊本機関区

鹿児島本線・熊本(くまもと)・昭和45年1月(1970/1)C12 D51

昭和45年当時は、熊本にはD51を始め9600・C57・C11・C12 そしてC60も2両配置されていました。C61は走っていましたが、鹿児島の所属でした。
今でこそ架線の下を走る蒸気機関車に違和感はないですが、当時は「何か変だな」って見てました。

「熊本駅」 くまもと 明治24年7月1日開業


立野スイッチバック


     豊肥本線・立野(たての)・昭和45年1月(1970/01)
SL「あそBOY」が、今もここで活躍しています。
急勾配のため、AからDまで直接登れません。
1度B地点まで進み、そこからバックでC地点まで行きます。
そして今度は前進で、Dに向って進みます。
これがスイッチバックです。

「立野駅」 たての 大正5年11月11日開業

立野スイッチバック
立野スイッチバック
立野スイッチバック
立野スイッチバック
立野スイッチバック
立野スイッチバック

▲ページトップへ