どんど焼き

どんど焼き

「どんど焼き」とは、小正月(こしょうがつ=1月15日)の行事で、1月14日の夜または、1月15日の朝に、刈り取り跡の田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り(しめかざり)を持ち寄って燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。その火で焼いた餅を食べると、その年の病を除くと言われています。

我が家でも、毎年田んぼではなく、一斗缶でやっていました。
その一斗缶も朽ち果て、今年からカンテキに変更です。
街中では、火を燃やすのがだんだん難しくなった現在では、カンテキもやむなしです。

そして、形ばかりですが、餅をあぶり、レンジでチンしていただきます。

一斗缶(いっとかん)とは、約18リットル入りの四角い金属缶です。

どんど焼き
どんど焼き
どんど焼き
どんど焼き

▲ページトップへ