ぐるっと北海道
ぐるっと北海道
ぐるっと北海道

NHKの朝ドラ「すずらん」の舞台となった「明日萌(あしもい)」(恵比島)は、北海道・留萌線にあり、平成11年5月から土・休日にC11 171(SL)が運行しています。
C11 171号機が標茶の児童公園から復活し元気に走っている姿は、ファンとしてうれしい限りです。
平成11年は「鉄道員(ぽっぽや)」も上映され、鉄道に対する関心が高まる年となりました。

今回の「ぶらり旅」は、すずらん号から網走ー知床ー根室ー帯広ー富良野ー札幌と廻って見ましょう。(1999年)

明日萌駅から
明日萌駅から
明日萌駅から

「SLすずらん号」で明日萌駅(あしもい)からの「ぶらり旅」

明日萌駅は、ドラマの上で本当の駅名は恵比島(えびしま)と言います。
本物の駅をドラマ用に改造したんです。場所は旭川のずーっと西です。

オバケフキ
オバケフキ
オバケフキ

ちょっと寄道して明日萌駅の裏山へ行くとこんな「フキ」がありました。
雨に遭って傘を持ってない時は、いいですねぇ。
でも逆さにかぶらないと、雨水が全部手元に来てしまいます。

快走「すずらん」
快走「すずらん」
快走「すずらん」

留萌本線・幌糠ー藤山(ほろぬかーふじやま)・平成11年7月(1999/07)C11

幌糠から長い直線を登ってくるので、煙を出すかと待っていましたが、4両の客車では 軽いんですね。加速しながら通過していきました。

客車の内部
客車の内部
客車の内部

形式は「スハシ44」昔の客車が使われています。
リクライニングな-ンてありません。
たまには、SLでこんな客車に乗っての旅も良いのでは?

オホーツク5号に乗って網走へ
オホーツク5号に乗って網走へ
オホーツク5号に乗って網走へ

函館本線・深川駅を16:30に乗って石北本線で網走へ(20:43着)

網走刑務所
網走刑務所
網走刑務所

網走から知床へ向う前にちょっと寄道。
網走刑務所、網走監獄へ。監獄は明治の姿をそのままに保存した博物館ですが、全ての建物を見て廻ると
1時間以上かかります。

釧網本線・北浜駅
釧網本線・北浜駅
釧網本線・北浜駅

網走から今度は知床へ行きましょう。
左手に見えるのは、オホーツク。2月頃には流氷で埋め尽くされます。

原生花園の花たち
原生花園の花たち
原生花園の花たち

途中、原生花園の花たち(ハマナス・エゾスカシユリ ・エゾキスゲ)はちょうど見頃でしたが、観光客の多さと柵の多さにびっくりし、すぐに退却です。

写真は、エゾスカシユリです。

羅臼岳
羅臼岳
羅臼岳

晴天のオホーツク海を見ながら知床へ。
知床峠では、羅臼岳は快晴ですが、北方の島々は霧の中でした。

知床五湖
知床五湖
知床五湖

知床大橋・カムイワッカの滝・知床五湖へ。
知床五湖では3・4・5湖は「ヒグマ出没の為立入り禁止」でした。

晴の摩周湖
晴の摩周湖
晴の摩周湖

摩周湖の穴場は裏摩周です。
この写真は第一展望台からですが、ちょうど反対側の裏摩周は人も少なくゆったり出来ます。

浜中にて
浜中にて
浜中にて

根室の近くです。
いろんな列車に会えて楽しい旅です。

帯広発「ワンマン快速」
帯広発「ワンマン快速」
帯広発「ワンマン快速」

帯広からラベンダーの富良野へ向います。
快速ですが、1両でワンマン運転です。根室本線で途中「ぽっぽや」の舞幌(幾寅駅)を通ります。

函館本線の普通列車
函館本線の普通列車
函館本線の普通列車

函館本線・滝川駅まで帰ってきました。
今回の旅も終着駅が近づいてきてちょっと寂しい。

函館本線
函館本線
函館本線

このライラック14号に乗ると、滝川から札幌まで1時間です。

札幌の時計台
札幌の時計台
札幌の時計台

今回の旅の終着駅・札幌の時計台の風景でお別れです。

▲ページトップへ

SSL GlobalSign Site Seal