奥出雲に「おろち」を訪ねて



地図上ですと倉敷と松江の中間ぐらいにある木次線(きすき)です。
木次線は備後落合から山陰の宍道まで82Kmで、三段式スイッチバックのある
出雲坂根駅は島根・広島県境にあります。標高は546m、全山紅葉するのんびりとした山ん中です。
駅前を走る国道314号線は。出雲坂根~三井野原間4Kmを3つのトンネルと11の橋
による全国一の2重ループ橋(奥出雲おろちループ)によって結ばれ、徐行運転の列車
からの景色は見応えがあります。ループ橋の風景もこのページの最後にあります。(1999年)



奥出雲おろち号
奥出雲おろち号
奥出雲おろち号

この「奥出雲おろち号」は、雪のない期間の土・日等の運転です。

出雲坂根駅・周辺地図
出雲坂根駅・周辺地図
出雲坂根駅・周辺地図


出雲坂根周辺
出雲坂根駅・周辺地図
右手が宍道方面、左が備後落合です。木次線はこの出雲坂根を含め八川~備後落合間が 昭和12年12月12日に全通しましたが、トンネル掘削技術の発達していなかった 当時は山間部の急勾配の個所にスイッチバックを設け、線路の勾配を緩やかにしました。

三段式スイッチバックとは、 ① の線路で地図中央の出雲坂根駅に列車が入ります。
② の中線(折返線)を800m、バック運転で ③の地点まで登ります。
そして④を前進する訳ですが、それでも中線の勾配は30/1000(1000mで30m登る)に なります。坂根駅の標高が564m、 ⑤地点過ぎの三井野原が731mです。

①出雲坂根駅へ
①出雲坂根駅へ
①出雲坂根駅へ

木次線・八川ー出雲坂根(やかわーいずもさかね)・平成11年11月(1999/11)

宍道・木次方面から坂根駅に鈍行列車が入ってきます。
後に見える線路が、中線(バック運転で登る)です。

②中線をバック運転
②中線をバック運転
②中線をバック運転

木次線・出雲坂根ー三井野原(いずもさかねーみいのはら)「奥出雲おろち号」

坂根駅を発車した列車は、バック運転で800m先の折返し点まで急勾配を登ります。
「奥出雲おろち号」は、木次~備後落合間を雪のない時期(4月~11月)の土・日・祝に運転し、トロッコ列車を 連結した観光列車です。ゴールデンウィーク・夏休み・紅葉シーズンは毎日運転です。

③折返し点近く
③折返し点近く
③折返し点近く

右のトンネルの奥が折返し点ですが、この場所からは見えません。
紅葉は終盤ですが、このあたりは、ちょっとだけ私達を待っていてくれたかのようです。
もうひと月もすると、真っ白な世界になるんでしょうね。
豪雪地帯のこのあたりでは、前方後方に排雪装置を備えた、双頭式ラッセル車も活躍します。

④三井野原へ
④三井野原へ
④三井野原へ

三段式スイッチバックを終えた「おろち号」は「奥出雲おろちループ橋」を ゆっくりと右手に見ながら進みます。
坂根から三井野原まで7Kmを22分かけてゆっくりと。

⑤全山紅葉の中を
⑤全山紅葉の中を
⑤全山紅葉の中を

坂根駅を出て20分あまり、この写真は次ぎの写真・「ループ橋」の赤い橋から撮っています。
という事は、列車からも「ループ橋」がよく見え、完全徐行(とまっているのではないかと思うほどのスピード) で進みます。三井野原駅は右側すぐです。

奥出雲おろちループ
奥出雲おろちループ
奥出雲おろちループ

平成4年4月に開通したこのループ橋は、出雲神話に出てくる「ヤマタノオロチ」のイメージから 「おろちループ」と呼ばれています。
「七滝高架橋」(静岡県)にも2重ループはありますが、ここは雄大さでは日本一でしょう。
写真上の道路の部分が出雲坂根駅です。左側が三井野原から備後落合へと続きます。
赤い橋の手前の山が1枚前の写真の山腹です。木次線はこのループ橋の外側をぐる-っと廻っています。
なお、この写真は絵葉書から取り込みました。

ボンネットバス
ボンネットバス
ボンネットバス

出雲横田駅から三井野原間の観光地を廻る「観光ル-プバス」です。
「おろち号」の運行日と同じ日の運行で、こちらは1日3往復です。
何でも和装のガイドさんと聞いていますが、私は乗り?乗れませんでした。
写真は、腕木信号(飾り)の見える出雲坂根駅前です。(撮影:川口知子)

備後落合駅
備後落合駅
備後落合駅

ループを後にして「備後落合」に向います。
「おろち号」も折返し運転まで30分ほど停車しています。 もちろん普通列車も。

トロッコ列車は宴会中
トロッコ列車は宴会中
トロッコ列車は宴会中

停車時間もトロッコ列車では「宴会中」です。
紅葉の山々と美味しい空気、そしてお酒、リフレッシュ出来きそうです。

帰途に着く
帰途に着く
帰途に着く

備後落合12:48、「おろち号」は来た道を木次に向って発車して行きました。
トロッコの賑やかな声を残して・・・

▲ページトップへ

SSL GlobalSign Site Seal