大佛鐡道を訪ねて

平成20年9月23日(火)祝 快晴

20年来の友人:友人といっていいのか?鉄道趣味においても、人生においても大先輩のKさんからのお誘いで出かけた。

奈良市写真美術館で「奈良の鉄道」ってイベント(歴史・写真展)が7月5日~9月28日が催されている。
7月にお誘いを受けたが、「涼しくなってから・・・」ってことで今日出かけることになった。

王寺でJR「大和路快速」
Kさんの要請で車ではなく電車で出かける。
待ち合わせはJR加茂駅。

自宅の最寄り駅は、近鉄・奈良線・東花園駅(花園ラグビー場がある)
どこでJRに乗り換えるか?できれば乗り換えにあまり歩きがない方が・・・近鉄奈良線の生駒駅で乗り換え、王寺駅でJRへ。
歩きがなく一番いいかと出発。ずぼら~
生駒駅で近鉄生駒線に乗り換え。
生駒山の奈良側を南に走る線区だ。 ワンマン編成。
近くでありながら乗ったことがない線区。王寺でJR「大和路快速」に乗り換え13:08に加茂到着。

大佛鐡道を訪ねて
大佛鐡道を訪ねて
大佛鐡道を訪ねて
大佛鐡道を訪ねて


加茂駅前で

懐かしい顔(10年ぶりくらい)に再会。

加茂駅前で木津川市誕生記念に設置された動輪を見学、後ろの三角屋根が加茂駅。

案内板には
加茂駅は、1897年(明治30年)11月に開業し、・・・残されている鉄道遺産はランプ小屋、駅4番のり場、赤レンガ積みのホーム・・・
ここに設置しました動輪は、「8620型」の主動輪で1914年(大正3年)生まれでスポーク型と呼ばれ・・・加茂町の発展に大きく貢献した鉄道遺産の一部を・・私費で寄贈する。2007年2月 加茂町長 難波久士と記されている。

最近のものとは思ったが、昨年の建立だ。

加茂駅前で
加茂駅前で
加茂駅前で
加茂駅前で

大佛鐡道のルート
大佛鐡道のルート
大佛鐡道のルート

次に昭和初期の道標へ「加茂ステンシヨ十五丁」(加茂駅)
道標は、織物商 三宅安兵衛・清治郎親子の建立で、1955年頃の水害で倒れたものの再建だ。

私の今の知識では、大佛鐡道のルートを正確に表現できません。加茂から奈良間で、以下に「鹿背山アバット」の名称や私が廻った中で確認したのは美加ノ原CCの中を通っていたということで、ルートは推測できます。

大佛鐡道のルート

ランプ小屋
ランプ小屋
ランプ小屋

明治30年の加茂駅開業当時の建物「ランプ小屋」へ。
オランダ積みの赤レンガ造り、切妻屋根の倉庫で、機関車の照明用の石油類を保管していた。(加茂駅のそばにあります)

C57 56 加茂小学校
C57 56 加茂小学校
C57 56 加茂小学校

加茂小学校と関西本線の間に保存されている「C57 56」
私も何度か訪れている 。
結婚した頃家内とも機関車の撮影に来て、家内にマイクスタンドをしてもらった場所だ。
マイクスタンドとは動画(8mm)撮影時に音は別に録音していた。
超指向性マイクを使い遠くの汽笛を録音するには、マイクを固定スタンドではなく、自由に動かせて録音していた。
よく手伝ってもらったのを思い出しました。

昭和47年からこの場所で後輩たちの活躍を見守っている「C57」、お召し列車けん引も彼女の自慢だ。

大佛線の橋脚
大佛線の橋脚
大佛線の橋脚


いよいよ大佛線の橋脚・・ここではアバット=橋台って案内板に書いてあります。

観音寺アバット

手前が私鉄関西(かんせい)鉄道大佛線の橋台。向う側は、JR大和路線です。
どちらも同時期に敷いた線路で両線が並走していたことが分かります。

この短い区間をデジカメで撮る・・・難しい。
銀塩派をはばからない私だが、最近は「重さ」に負けたか、手のひらサイズのデジカメも使います。そのデジカメで撮りました。

鹿背山アバット
鹿背山アバット
鹿背山アバット

鹿背山アバット

案内板には「レールを敷けば、すぐに列車が走れるようです」とありますが、ほんまに!!


赤橋

赤橋

ここで驚いたのは、右の写真です。
設置時の松の橋げたが今も残っています。
でも・・・松って強いとは聞いていましたが100年ですよね。

赤橋
赤橋
赤橋
赤橋

大仏駅
大仏駅
大仏駅

大仏駅です。

といっても現存しておりません。
駅跡あたりに「大佛鐡道記念公園」があります。公園の前の川底に赤レンガを敷いた遺構もあります。
今は昔・・ここが大仏駅。2時間余りの遺構めぐりの終点です。

奈良市写真美術館
奈良市写真美術館
奈良市写真美術館

奈良市内に入り奈良教育大学を廻り込み美術館へ
ここの正式名称は「入江泰吉記念・奈良市写真美術館」

「奈良の鉄道」と「大和の道」が併催されています。
入江作品集は、私も数冊持っています。
撮影禁止なので外観のみですが、大阪と違う「時の流れ」を堪能しました。

出かけるといつも感じる事ですが
       「こんな時間がもっと必要」

いつも「ニコイチ」(家内と2人)で出かけますが、電車で出かけるのは久しぶり・・・車で出かけるのと「一味違った」ちょっとぶらりでした。

▲ページトップへ

SSL GlobalSign Site Seal