伊賀焼の里を訪ねて
伊賀焼の里を訪ねて
伊賀焼の里を訪ねて

9月2日にぶらりと行った「伊賀焼の里」です。

伊賀は大阪からも近いのですが、焼物は「忍者」のように有名ではありません。
私たちも初めて訪ねました。(私と家内)
東大阪から名阪国道で伊賀上野まで1時間ちょっと。

自宅を10時30分に出発しましたので伊賀上野で昼食を摂り市内の窯元の出店に寄っ て、いつもの事ですが窯元へ向います。
上野市街から14Kmぐらい信楽方面に走った丸柱地区に数件の窯元がありました。

写真は、窯元近くの徳王寺というお寺ですが、お寺の前の実りかけた稲 田に無数の赤とんぼを見つけたのでちょっと休憩。
三重県阿山郡阿山町丸柱 2000/09/02

伊賀焼の里を訪ねて
伊賀焼の里を訪ねて
伊賀焼の里を訪ねて

お寺のそばに「西沖窯」のお店がありユーモラスな作品を。

近くには1200年の伝統「古伊賀」を展示した伊賀伝統産業館や伊賀焼の「狛犬」が鎮 座する諏訪神社もあります。

今回は見れませんでしたが、伊賀焼の特徴は「七度焼き」と言われる・・窯が抜けるほど 焼きぬく事で生まれる自然美だそうです。
窯元で聞いた話ですが、伊賀焼は
1500度の炎の中から生まれた「泥の花」です。
三重県阿山郡阿山町丸柱 2000/09/02

伊賀焼の里を訪ねて
伊賀焼の里を訪ねて
伊賀焼の里を訪ねて

薪が、その美しさを創るんですね。

しばし時を忘れて・・・

「帰ろうか?」と道路標識を見上げると「信楽・9km」の表示。
やはり「土」なんでしょうか?
焼物に適した「土」ってのは、ある程度限られた場所にしか存在しないんですね。

帰りは見慣れた信楽に立ち寄り、またまた交通渋滞の「街」へと・・・
三重県阿山郡阿山町丸柱 2000/09/02

▲ページトップへ

SSL GlobalSign Site Seal